咬み合わせの機能を改善

きれいな歯並びは笑顔を引き立てます。反対に歯並びにコンプレックスがあると、口元が気になりおしゃべりを控えたり、思いっきりの笑顔になれなかったりします。矯正治療を受ける方の理由のほとんどは、きれいな口元を手に入れるためです。しかし治療のメリットは自然な見た目に整えるだけではありません。虫歯や歯周病の予防や咀嚼機能の回復、そして全身のバランスの調和や健康につながるのです。

大阪市西淀川区塚本の歯医者「かとう歯科」では、カウンセリングにじっくり時間をかけ、患者さんに合った矯正治療プランをご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院の矯正歯科のコンセプト

矯正治療は歯並びを綺麗にするというイメージがあるかと思います。しかし、意外と知られていないのが、矯正治療を行うことでブラッシングがしやすくなり「虫歯・歯周病予防」に繋がります。虫歯・歯周病予防を行えることで将来的に多くの歯を残せる可能性が高まります。矯正治療は歯並びを綺麗にすることはもちろん、将来的な歯の健康を保つことができます。

不正咬合の種類について

八重歯 叢生(そうせい)

でこぼこな歯並びを叢生(そうせい)といいます。八重歯はその一種で、顎が歯にくらべて小さいために犬歯が前に出ている状態です。

受け口 下顎前突(かがくぜんとつ)

下の歯が上の歯より前に出ている状態です。下の顎が大きい場合や上の顎が未発達の場合などでさまざまな原因があります。

出っ歯 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

前歯が突出している状態です。唇が閉じにくく、発音が不明瞭になることがあります。目立つ歯並びです。

開咬(かいこう)

奥歯を咬んでも前歯が開いてしまう状態です。食べ物を咬み切ることが難しい咬み合わせです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯に深く被さっている状態です。顎関節に負担がかかり、歯ぐきを傷つけることがあります。

すきっ歯 正中離開(せいちゅうりかい)

歯と歯の間にすき間がある状態です。前歯が開いていると目立つうえ、食べ物などがはさまりやすくなります。

取り扱い矯正メニュー

クリアブラケット

セラミック製のブラケットを使用した矯正装置です。透明感や色合いが歯に似ているので金属性のメタルブラケットにくらべて目立ちにくいのが特長です。上の前歯はセラミックを使用しています。

デーモンシステム

従来のブラケットはワイヤーと固定しますが、デーモンブラケットはブラケットの中でワイヤーが動く仕組みの矯正装置です。無理な力をかけずに歯を移動させるうえ、治療期間の短縮にもつながります。

TOPに戻る