お子さんの歯をいつまでも健康に保つために

子供の歯、乳歯は表面のエナメル質が薄いうえ、やわらかく抵抗力が弱いので永久歯にくらべて虫歯になりやすい歯です。そして虫歯の進行が早いのも特徴です。「でも乳歯は永久歯に生え替わるから……」と虫歯を放置してはいけません。大切な永久歯に悪影響を与えてしまいます。お子さんの歯を守るためには「予防」が有効です。大阪市西淀川区塚本の歯医者「かとう歯科」の小児歯科では予防を中心にお子さんの歯の健康をサポートしています。

お子さんの歯を守る小児歯科

乳歯が生えたばかりの赤ちゃんから永久歯が生えそろう12~13歳くらいまで子供のお口の健康を守るための診療メニューが小児歯科です。骨格を整え、さらには身体の健やかな成長につながる小児矯正も行っていますので、お子さんの歯で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

お子さんのお口の状態や成長段階に合わせたブラッシング方法を指導します。親御さんに行っていただく仕上げみがきのコツもアドバイスしますので、親子のスキンシップの楽しい時間としてお子さんの毎日の口腔ケアを続けてください。

フッ素塗布

歯質を強化する効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布します。とくに生えたての乳歯や永久歯の虫歯予防に有効です。定期的なフッ素塗布がおすすめです。

矯正治療でお口と身体の健康な成長を促しましょう

お子さんの歯科矯正治療をお考えの親御さんのほとんどは、お口まわりの見た目を気にされて治療を申し込まれます。乱れた歯並びを整えることのメリットはきれいな口元を得られるだけではありません。全身の健康にも影響します。

歯並びや咬み合わせが乱れていると、お口の自浄作用がはたらきにくく汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。また咬み合わせが悪くうまく咀嚼ができないと、顎の成長だけでなく全身の成長にも悪影響をおよぼしてしまう可能性があるのです。食べ物を十分に細かく砕くことができないので、胃腸に負担がかかったり、栄養補給が不十分になりがちになったりします。

早期に矯正治療するメリット
  • 抜歯をせずに済む場合がある
  • 顎のバランスが整う
  • 自然に歯が並びやすくなる
  • 永久歯が生えるスペースを設けることができる
  • 筋肉などが正常に動くようにできる
こんなクセはありませんか?

ちょっとしたクセが歯並びや咬み合わせの乱れを引き起こすことがあります。次のようなクセがありましたら、できるだけ早く直してあげましょう。

舌癖(ぜつへき)
舌で前歯を押すクセがあると、前歯が出てしまったり、前歯が咬み合わなくなったりすることがあります。
指しゃぶり
指しゃぶりを長く続けると、「出っ歯」や「開咬」になってしまうリスクが高まります。
偏った咀嚼
片側での咬むクセがあると左右の発達やバランスがくずれてしまいます。
口呼吸
舌の位置が定まらないので、咬み合わせのバランスがくずれがちです。また口の乾燥が虫歯のリスクを高めます。
頬杖
頬杖などの顔の片方に力を加え続ける生活習慣は、顎の形や歯の生える角度などに影響を及ぼします。
唇を噛む
唇を噛むことで前歯に圧力がかかり、上下のかみ合わせに隙間が生じたり、前歯が出てしまったりします。

MFTを知っていますか?

MFTとは

Oral Myofunctional Therapyの略で口腔筋機能療法というお口まわりの筋肉トレーニングのことを意味します。舌や唇、顔全体の筋肉を鍛えバランスを整えて、正しい舌の動きやお口まわりの動きを習慣化することで、咬み合わせの不具合を改善するためのプログラムです。お口まわりの筋肉が引き締まるので、フェイスラインもスッキリします。

MFTの目的

前歯が咬み合わない「開咬」や上の前歯が出る「出っ歯」、下の前歯が前に出ている「受け口」などは、お口まわりの筋肉の弱さやバランスの悪さによって引き起こされることがあります。この場合、お口まわりの筋肉を鍛え、バランスを整えることで矯正治療をせずに咬み合わせが改善する可能性があります。また、矯正治療後の歯並びの戻りを防ぐためにもMFTが有効です。

症例紹介

下顎の治療により上顎の成長を促したケース

下顎を拡げて歯の並ぶスペースをつくりました。それにより上顎の正しい成長が促され、上下とも歯並びが整ってきました。

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
TOPに戻る