顎顔面矯正装置が外れてしまった方へ

もし装置が全部外れてしまった場合はそのまま装置を保管しておいてください。

片側だけ外れてしまった場合は、元に戻せるのであれば元通りはめておいて、ネジ付きの装置の場合は、その日から装置のネジは回さないようにしてください。

元に戻せずに、カパカパ外れて食事ができないなどの不具合のある場合は休日診療の所へ行って外してもらってください。拡大中の装置は一旦外すと通常使えなくなるので新しく作り替えることになります。(外れた装置はそのまま保管しておいてください)

8月16日(月)以降にかとう歯科までお電話ください。

TOPに戻る